MENU

塗装案内

屋根塗装

屋根のメンテナンスを塗装でもおこなえます。

 

24時間365日屋根は建物の塗装部位の中で最も紫外線や雨風にさらされる厳しい環境。
ふだんの生活では気にならない所ですから、いつの間にか漏水トラブルに至る例が多いです。
トラブルが起きる前に日頃から点検や保全工事の実施をしておきましょう。


屋根塗装にはいろいろな種類があります。「コロニアル屋根」と「トタン屋根」の2種類の屋根がなかでも多い施工事例です。


紫外線での劣化や藻やコケの発生がありますが、築10年前後の建物の場合、だいたいのお客さんが外壁とともにコロニアル屋根も一緒に塗装されることが多いのです。


しかし、なかには外壁塗装のみという方もいらっしゃいますが、実はこれはとても残念な事で、建物の長寿命化するにも、省エネにも、屋根塗装と外壁塗装のセットは大きな効果があるのです。


なお、強い日差しが当たる箇所には適した塗装素材・サービス(技術)が必要です。劣化スピードも異なるため、小さなことでもお気軽にご相談ください。

外壁塗装

外壁塗装の必要性

 

外壁塗装をするのは建物を『美観が悪くなったから』『キレイに保ちたい』などから検討される方がほとんどではないでしょうか。


外壁塗装をする目的は外観・見た目を良くするだけではありません。塗装のプロからの視点では、それよりも重要なのが建物の「耐久性の向上」になります。

 

外壁塗装を行うことで年月を重ねた建物でも見違えるように美しく生まれ変わり、建物そのものの寿命を延ばすことになります。
外壁塗装のメリットは「きれいな外観」「住居者やテナントの安全管理」「建物の耐久性・資産価値の維持」と塗装のプロは考えています。

 

実は、外壁素材の劣化をそのまま放置しておくと、建物そのものに大きなダメージが及び、いざ塗り替えをしようと思ったときには、
大規模な下地補修工事が必要となりトータル的に多額の費用がかかってしまうこともあります。


長いスパンで考えると住宅に掛かる総費用を抑えるためには、定期的な外壁塗装が一番なのです。

防水塗装

建物の建物のトラブルで多いのが実は漏水です。


たとえちょっとした漏水であっても放置すると建物そのものの劣化を腐食を進行させ建物の部材の強度を下げる要因となってしまいます。
目立っ大きなトラブルに発展する前に日頃からのチェックや保全の実施を行いましょう。


建物の表面に防水膜をつくって水を浸透させないようにするのが防水塗装です。


漏水などを防いで、建物そのものの寿命を延ばすこと、そしてご家族や、賃貸物件なら入居者やテナントの快適な生活と安全を守ることが大きな目的です。


一般的には改修工事は、施工から10~15年後と言われていますが、実は塗装そのものの防水効果は5~6年ほどで低下し、施工した塗装素材によっては耐久度や特性も異なってきます。

 

建物を長持ちさせるために万全を期すには定期的に点検をすることが重要。
現状を把握しておけば、建物にとって最適なタイミングで塗装の施工ができるでしょう。

塗装のプロが、無料診断しますので、お気軽にお問い合わせください。


株式会社 槙嶋吹付工業

TEL 0294-33-1747

茨城県日立市末広町2-6-11
最寄り駅:JR常陸多賀駅
駐車場あり

槙嶋吹付工業ブログ

最新記事一覧


© 2019 槙嶋吹付工業 All rights reserved.